青汁はコレステロール値が高い人が飲むとさがるって本当なの?

青汁はコレステロール値が高い人が飲むと下がる効果があるって本当なの?

青汁は多くの野菜を使い作られています。
現在では、青汁が苦手な人や子供にも飲みやすくフルーツなどを加えたものも増えてきました。

青汁

青汁には、ビタミンやミネラル・食物繊維が多く含まれ、美容や健康に良いと言われています。
そのなかで、青汁に含まれている食物繊維がコレステロール下げる効果値を下げる効果があると言われています。
コレステロール値が高い人が飲むと良い効果を得られるのです。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがある

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、
悪玉コレステロールが増えすぎるとコレステロール値が増え動脈硬化を起こすことがあります。

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるものとして食物繊維があります。

善玉コレステロールを増やす働きがある食物繊維

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。

コレステロール

★水溶性の食物繊維は、
コレステロールが腸で吸収されるのを防ぎ、吸収されなかったコレステロールは便と一緒に
体の外へ排出されていきます。よって新陳代謝や血行も良くなります。

★不溶性の食物繊維は、腸の中で胆汁酸を取り込み新しい胆汁酸を作ります。
この場合には、コレステロールが必要になります。
よって、コレステロール消費されることによって、
コレステロール値が低くなると言われています。

2種類の食物繊維は青汁によく含まれており、特に多いのは、
ケール・明日葉・大麦若葉といった主原料が含まれている物になります。

コレステロール値が高い人が、コレステロール値を下げたいと思い青汁を飲む場合には、
効果が出やすいタイミングで青汁を摂っていくことが大切になってきます。

青汁を飲む場合には、青汁だけを飲むのではなく食事と一緒に摂ることで、
体内への吸収がよくなります。

青汁を飲むことに加え、バランスの良い食生活を行っていくことも大切になってきます。
いくら青汁にコレステロールを下げてくれる働きがあるからといって、
甘い物・スナック菓子や脂物などをたくさん食べたり、暴飲暴食・アルコールをたくさん飲んでいると
青汁の効果も出にくくなってしまいます。

食生活や生活習慣(運動・睡眠・ストレスなど)をきちんと見直していきましょう。

そのうえで、青汁を毎日摂りつづけていくことが、青汁の効果を最大限に引き出すことが出来るのです。

コレステロール値が高く気になってきたという人で、青汁を飲んでみようと思っている人は、
主原料にどのようなものが含まれているかを確認した上で摂っていくことをおすすめします。
↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓
すっきりフルーツ青汁の詳細と【最安値価格】で買えるサイト詳細はこちら
どんな有効成分が配合されているのかや詳しい飲み方や口コミも!
↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑