青汁は粒と粉末タイプどちらがいい?それぞれの利点と欠点

青汁は粒と粉末タイプどちらがいいのか?それぞれの利点と欠点は?

青汁は健康に良いと言われています。多くの栄養分が含まれていることで、
むくみや便秘解消・ダイエット効果さらには美肌効果もあると言われています。

青汁には粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)粉末タイプがありますがどのような違いがあるのでしょうか。

青汁の粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)青汁の粉末タイプを水に溶かしたもの

青汁には、ケール・大麦若葉・明日葉などの緑の野菜が多く含まれています。
緑の野菜には、食物繊維や酵素・ビタミン・カリウムといった栄養分がたくさん含まれています。

いろんなメーカーから様々な青汁で、粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)や粉末といった種類の物が販売されています。
タイプによって、それぞれ利点や欠点があります。

粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)青汁の利点は?

粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)の利点は、飲みやすさにあります。青汁の苦みを感じることがないからです。
1粒1粒小さく作られている物は特に飲みやすいと言えるでしょう。

また、水などに溶き作って飲むという手間も省けます。持ち運びも便利で携帯しやすいのも利点だと言えます。

粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)青汁の欠点は?

粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)の欠点は、
粒タイプ(錠剤・サプリタイプ)が苦手の人は飲みにくいことと、
粒にするため、つなぎに添加物を使っていることがあるということです。
加えて粉末タイプに比べ吸収が悪くなるということが言えます。

粉末タイプ青汁の利点は?

粉末タイプの利点は、水や牛乳に溶かして飲むことによって液体になる事で、
胃の中や小腸での吸収が良くなるということです。

食前に飲むことで満腹感を感じ食べ過ぎを防止する事ができダイエット効果も期待できます。
しかし、青汁によって栄養はきちんと摂れているので安心です。

粉末タイプには、高温処理とフリーズドライの物があり、
高温処理の場合栄養が破壊されるが、
フリーズドライの物であれば栄養価も高くなっています。

できるのであれば、製法も確認すると、なおよいでしょう。
価格も粉末の方が安いものが多いようです。

粉末タイプは飲むだけではなく他の料理に使う事もできます。

粉末タイプ青汁の欠点は?

粉末タイプの欠点は、
青汁独特の臭いがすることです。
ただ、この点は、原材料に何を使っているかによります。

最近の物は、青汁臭くない原材料を使っていたり、フルーツの果汁などが入っており
大変飲みやすいものが多くなってきています。

また、粉末はステックタイプになっている物が多く、
持ち運べたとしてもそのままでは飲むことはできないということです。

さらに水や牛乳に溶かして飲まなければいけない、
溶かすためには容器の準備も必要になり手間もかかるということです。

では、青汁は粒と粉末タイプどちらがいいのか?

これらの青汁の粒タイプ粉末タイプの利点や欠点を理解したうえで、
含まれている栄養成分や効果を確認し
自分にあった青汁を選ぶと良いでしょう。どちらのタイプもです。

自分が青汁でどのような効果を得たいかで選ぶ青汁も変わってきます。

現在では、飲みにくいと言われている粉末タイプでも、青汁の独特の臭いを改善したもの
作られています。

ケール・大麦若葉・明日葉といったものの他に、野菜や果物を加え美味しく飲めるものもあります。

例えば、スッキリフルーツ青汁(すっきりフルーツ青汁)です。フルーツや野菜エキスなど
自然由来の81種類の酵素や乳酸菌などを加えることで
子供から大人までとても飲みやすくなっています。

青汁としての効果もしっかりあるのでダイエットや健康維持の・美肌効果もあります。

青汁としての効果があり自分に合ったもの・飲みやすいものを選び飲んでいくと良いでしょう。
↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓
すっきりフルーツ青汁の詳細と【最安値価格】で買えるサイト詳細はこちら
どんな有効成分が配合されているのかや詳しい飲み方や口コミも!
↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑