青汁の飲み方〜いつ飲むのと、どうやって飲むのが効果的なの?

青汁の飲み方〜青汁はいつ飲むのが効果的?

身体によいとされる青汁の飲み方について見ていきましょう。
また、青汁はいつ飲むのが効果的なのでしょうか?

青汁の飲み方は?

青汁と言っても、粒・錠剤タイプと、粉末タイプがあります。

青汁の粒・錠剤タイプ
粒タイプは、薬と同じような感じで、飲み物と一緒に飲みます。

青汁の粉末タイプ
粉末タイプは、お水やさ湯、お茶、牛乳、ジュースなどに溶かしたり、
ヨーグルトなどにふりかけたり、食べ物に混ぜたりとアレンジが可能です。

お薬と違うのは、飲み合わせをあまり気にすることがない点です。

薬は、飲み物の成分と結びついて、化学変化を起こして、
効果が薄まってしまったりしますが、
青汁は、食品と同じ扱いであり、化学変化はあまり起きません。

成分によっては若干、吸収が悪くなったりするものもありますが、
気にするほどではありません。

一番気を付ける必要があるのは、加熱です。
加熱することで青汁の大事な栄養成分が破壊されてしまうからです。
体温程度のあたたかさなら大丈夫ですが、体温よりはるかに高い
加熱には注意してください。

また、最近の青汁(すっきりフルーツ青汁など)によっては、
乳酸菌や、酵母菌など、身体によい菌が含まれているものがありますが、
これらの善玉菌も過熱に弱いので注意が必要です。

効果をしっかり感じたいのであれば、体温以上に加熱はしないようにしましょう。

青汁はいつ飲むのが効果的?

結論から申し上げますと、
青汁は、【食事の前】に一杯飲むのがベストです。
飲んだ後は、1時間程度空けるとさらに良いです。

その後ご飯を普通に食べるという流れで習慣づけていくことができればいいですね。

なぜかというと、空腹時に飲むことによって青汁の栄養を1番早く吸収できるからです。

お腹が空いた状態で、もし1番にチョコレート、唐揚げなどを初めに食べると、
小腸にていち早く栄養を吸収し、必要以上の糖分や脂質を摂取してしまいます。

空腹時は、身体が「今後も空腹になる可能性があるので、いち早く脂肪を蓄えこまなければ!」と、
勘違いしているため、
空腹時に急に糖分や脂質を摂りすぎてしまうと、今後のためにどんどん脂肪に変えて蓄えなさい!
と指令を出してしまい、脂肪をどんどん増やしてしまうのです。

サラダから食べると良い

そんな理由から、食事の際、サラダから食べるといいとよく聞きますが、
これは血糖値も下げてくれるし体に良いことだと言えますね。

サラダと同じく青汁も空腹時が吸収が良い

青汁も、これらと同じように、空腹時に飲むとガンガン有効成分を吸収してくれるのです。
↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓
すっきりフルーツ青汁の詳細と【最安値価格】で買えるサイト詳細はこちら
どんな有効成分が配合されているのかや詳しい飲み方や口コミも!
↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑  ↑↑